2019年9月23日

賃貸物件を探す時には敷金と礼金に注目する

敷金と礼金がいくら必要なのかを計算しよう

賃貸物件を探す時には、敷金と礼金がいくら必要になるのかを自分で計算する事が大事です。賃貸物件に入居するためには、初めに初期費用を支払う必要があります。この初期費用には敷金と礼金も含まれており、敷金と礼金の額によって初期費用が大きくかわってきます。そこで、どのように計算すれば良いのかと言うと、基本的に物件情報に敷金○カ月というように記載されている事が多いです。もし、敷金2カ月分と記載されていたら家賃2カ月分が敷金の額になります。

つまり、家賃が敷金と礼金には大きく関わってくるので、家賃が高いとその分、敷金などが高くなる傾向があります。このように簡単に自分で計算する事が可能です。

礼金や敷金が必要ない物件も存在する

賃貸物件は、多くの場合は入居する時に敷金と礼金を支払う必要があります。しかし、物件の中には敷金や礼金が必要ない場合もあり、その時は大幅に初期費用を抑える事が可能です。あまり現金を所持していない人は、なるべく敷金と礼金がない物件を選ぶ事が大事になります。ただ、ここで注意しなければいけないのは、敷金を支払わなくて良い場合はその賃貸住宅を退去する時に退去費用が高くなる可能性があります。敷金は退去する時に自分が住んでいた部屋の修理費用や清掃費用に使われることが多いです。

敷金を支払っていない場合は、それらの費用を退去時に支払う事になるので、退去する時は必要になる費用を準備しなければいけないです。少しでも負担をなくすために、敷金が必要ない物件に住む場合は綺麗に部屋を利用しましょう。

旭川の賃貸を選ぶ際に収納を重視している場合、収納可能な荷物の量だけでなく使い勝手の良さもチェックしながら物件選びを行うことがポイントです。