2019年9月23日

賃貸物件選びは建物の場所と間取りで最適な場所が変わる

家族向けの部屋は学校までの通学時間がポイントになる

賃貸物件を探す際には、持ち家とは異なり生活しやすい場所が選ぶ際の基準となりやすいです。1LDK以上の家族向け物件は、学校までの通学時間が選択肢として上位の条件となるので、学区と学校までの距離が明記されています。最も幼い子供が通学しやすいことが条件となるので、小学校まで近い部屋は家族連れの世帯が多く住んでいると考えて良いでしょう。静かな一人暮らしを望む人とは理想の条件が大きく異なります。

一人暮らし向けの部屋は駅近物件が人気

一人暮らし向けの部屋は、大半がワンルーム中心となるので生活の利便性重視から駅近物件が多いです。一人暮らしならば大学生または社会人といった18歳以上の単身世帯となるので、学区の影響が無く小中学校から離れている方が寧ろ好まれます。コンビニエンスストアまでの距離と近隣スーパーの営業時間が気になる人が多いので、深夜営業をしている店が近隣でどのくらいあるかといった点が重要です。都市部では更に複数の駅を利用出来ることがメリットとなるので、物件価格にも影響しがちです。

どちらにも属さない部屋に掘り出し物件がある

家族向けと一人暮らし向けのどちらにも属さない部屋は、ターゲットが絞り込まれていないために賃貸物件としては入居希望者の対象が広いものの決め手もありません。決まった時期に入居希望者が現れにくいからこそ、掘り出し物件が埋もれていると考えられます。なぜなら、空室のままにしておいても大家としては利益が出ないので、早期に入居者を入れるために周辺相場よりも割安にするケースが多いからです。

予算や間取り、利便性など自分の求める条件に合った江別の賃貸が見つかります。実績豊富な信頼のおける不動産屋を見つけましょう。