2019年12月13日

注文住宅の間取りはどうする?どんなことに気をつけるべき?!

間取りは何を気にするべき?

注文住宅で楽しみなのは間取りをどうするかということですが、どんなことを気にしたらいいのかなと考えてしまうシーンも出てきます。一度作ったら作り直しをするというのは難しいので、始めのうちに疑問や希望をとことん出しておいた方がより理想の間取りに近づけることが出来ます。間取りでよく話題になるのは、収納やリビングなどのそれぞれの部屋の大きさを中心に、家屋の内外の音の伝わり方や窓等の採光と言ったような細かな部分です。電気関係の配線や、キッチンの導線、子供部屋など、気にしておきたい部分を挙げていけばきりがありません。ただ、「後からこうすれば良かった」となってしまうのは注文住宅を作る上で非常に勿体無いので、希望はあるだけ出しておいて、優先順位を考えながら間取りを決めた方が家族内でも満足できるでしょう。

実例集なども参考に考えよう

注文住宅にしたいけれども漠然とした状態で間取りに悩むときには、各ハウスメーカーの実例集を見てみましょう。雑誌などでもお洒落な家の間取り公開などがされているので、憧れる部分や使い勝手が良さそうなところはどんどん希望に入れてみて下さい。予算があるので全てを実現できるわけではありませんが、依頼するメーカーや工務店には希望があれば伝えて実現できそうな形を提案してもらうのも参考になってよいです。住宅展示場なども実際の間取りを想像しやすいので、家族皆で出かけて間取りについて考えていくと、失敗も少なく快適な家が建てられます。

愛知の注文住宅でおすすめの地区は名古屋近郊でしょう。現在地価はリニア新幹線開業前と景気回復傾向により中心部の上昇率が高くなってはいますが、近郊はそれほどで無い上に中心部に近く便利だからです。