2019年7月19日

Author: admin

間取り決めは実は簡単ではない注文住宅を建てるときには間取りに十分に注意することが大切です。賃貸物件を借りるときには3LDK、2DKなどの基本的な仕様だけで候補を絞り込んでいくことが一般的ですが、注文住宅の間取りはそんなに簡単に決められるものではありません。全て自由に設計することができるため、一つ一つ…

間取りは何を気にするべき?注文住宅で楽しみなのは間取りをどうするかということですが、どんなことを気にしたらいいのかなと考えてしまうシーンも出てきます。一度作ったら作り直しをするというのは難しいので、始めのうちに疑問や希望をとことん出しておいた方がより理想の間取りに近づけることが出来ます。間取りでよく…

ガスを使わないため安全性が高いお出かけをした際に、ガスの元栓を閉めたかどうか、心配になってしまうことがありますよね。事実、ガス漏れが重大な事故の原因となることは多々あります。また、火を使うということは、衣服や他の家具などへの燃え移りの可能性があり、火事の原因にもなりかねません。しかしオール電化はガス…

礼金や更新料が姿を消し始めています北海道(特に札幌)の賃貸物件は、基本的に首都圏と同じような習慣がありました。それは礼金や更新料の支払いがあることです。しかし最近では賃貸物件の需要と供給のバランスが崩れ始めてきたため、多くの物件で礼金が姿を消し始めています。このことは借りる側にしてみれば、初期費用の…

従来工法の特徴を理解しておこう注文住宅を建築する場合には、住宅の工法を最低でも2種類知っておいた方がよいです。工法を知っておくと様々な面で自分の住宅の特性が分かります。一つ目は、従来工法と呼ばれるものです。名前の通り、日本で従来から利用されていた建築工法になります。この工法の特徴は、間口がとても広い…

家族向けの部屋は学校までの通学時間がポイントになる賃貸物件を探す際には、持ち家とは異なり生活しやすい場所が選ぶ際の基準となりやすいです。1LDK以上の家族向け物件は、学校までの通学時間が選択肢として上位の条件となるので、学区と学校までの距離が明記されています。最も幼い子供が通学しやすいことが条件とな…

安い土地も検討してみる多くの人が欲しいと思う土地は、競争率も高いため高額になるのは当然です。土地の値段は、需要と供給のバランスで決定しているので、南道路の土地が100とすると、北道路の土地は90、旗竿地は70というように、条件が悪くなるごとに価格も下がっていきます。ところが、不動産としての価値が低い…

まずは物件紹介サイトを使おうマンションを購入するときにいきなり不動産屋に行くのは注意が必要です。何も考えてない状態で不動産屋に行っても物件探しに時間がかかってしまいます。またスタッフがセールスをしてくるので、断るのが苦手な方はちょっと大変です。物件を探すときはインターネット上にある物件紹介サイトを使…

敷金と礼金がいくら必要なのかを計算しよう賃貸物件を探す時には、敷金と礼金がいくら必要になるのかを自分で計算する事が大事です。賃貸物件に入居するためには、初めに初期費用を支払う必要があります。この初期費用には敷金と礼金も含まれており、敷金と礼金の額によって初期費用が大きくかわってきます。そこで、どのよ…

生活をしやすい立地で探す!賃貸住宅は生活の基礎となる場所ゆえに、便利に暮らせる立地を選ぶことで失敗をしにくくなるはずです。通勤通学の利便性が良いかどうかはもちろん、買い出しのしやすさや、周辺の交通状況を加味しながら、快適に過ごせる場所を探し出すようにしましょう。実際の暮らしをイメージしやすくするため…